Vol.020 ホースと継手で省エネ?

 あなたはホースと継手を変更するだけで

       省エネが可能だと思いますか?

 

そんなことできるわけない!って思いますよね?

それができるんです!省エネが!  ホースと継手を変更するだけで!

  

まずの動画をご覧ください!

圧力損失比較動画 継手編.jpg

 

いかがでしたでしょうか?  違いがおわかりいただけたでしょうか?

何が違うのかわかりましたか?

 

そう!その通りです。 継手の口径の大きさが違うんです!

継手の口径が一般的な継手より大きいことであれだけの流量の差、圧力損失の差が出るのです。

この違いが省エネにつながるのです!

 

当然ホースと継手の接続部分から漏れたりしていれば、

この差はもっと大きくなり、今ご覧になった違い程度ではないですよね。

漏れを防止するだけでも大きな省エネになります。

 

  また、ホースが折れたり、つぶれたりしていても流量に差が出ます。

  このようにホースを配管する状態で折れにくいホースを選定したり、

  折れにくいように配管することと、

  継手も圧力損失の少ないものを使用することで省エネが可能です!

 

  省エネに取り組むうえでの参考にしていただければ幸いです。

  ぜひ一度お試しください。

 

 

この他にも、ホースと継手に関するお問い合わせやご質問は

弊社「お客様相談室」へお気軽にどうぞ!

 

フリーダイヤル0120-52-3132

ホースや継手の選定等のご相談にもご利用ください!

 

 

 

折れにくいホース:ハイブリッドトヨロンはこちら

省エネ・簡単施工継手のトヨコネクタはこちら

ホースの条件検索はこちら

 

バックナンバー.jpg
会員登録.jpg
資料請求.jpg