Vol.019 硬鋼線入り塩ビホースのカット方法は?

ÉgÉàÉbÉNÉX19.jpg

糸で補強したブレードホースなどは切れやすい刃物などで簡単に切れますが、硬鋼線で補強した塩ビホースはどうやって切ればよいのでしょうか?

 

硬鋼線入り塩ビホースをカットするには切れやすい刃物のほかに硬鋼線を切る道具が必要です。

針金などを切る道具にはペンチやニッパーがまず頭に浮かびます。

ペンチやニッパーは道具箱などに入っていることも多いのでよく使われています。

ペンチ.jpgニッパー.jpg

         【 ペンチ 】            【 ニッパー 】 

 

しかしペンチやニッパーは、硬鋼線の切り口がホースからはみ出たままになることが多い上に、切り口が斜めになりやすく尖って大変危険です。

また通常のニッパーは電線など柔らかい金属を切るためのものが多く、ホースの硬鋼線など硬い金属を切ると、刃を傷めやすいのが難点です。

 

「 喰い切り 」という道具があるのですが、カットする部分が先端部なのに加え、刃面がフラットに近いので樹脂部分に押しつけてカットするとホースから先端が飛び出にくくなります。またカット面も尖らず危険も少なくなります。

 喰い切り.jpg

       【  喰い切り 】

 

 

硬鋼線入り塩ビホースのカットの仕方は下図又は動画をご覧ください。

 

TSカット_1.jpg

① 切れやすい刃物をホースに直角に当て、硬鋼線と硬鋼線の間の樹脂部を切る。

 

 

 

 

TSカット_2.jpg② 樹脂部が切れたらホースを両方向に軽くひっぱり、硬鋼線を露出させる。

 

 

 

 

TSカット_3.jpg③ 「 喰い切り 」をホースに押しあてながら硬鋼線を切る。

  ※ 硬鋼線が樹脂部からはみ出していないか確認する。

 

 

ホースカットはコチラ
バックナンバー.jpg
会員登録.jpg
資料請求.jpg