Vol.013 カタログの見方③ホースの最小曲半径って?

トヨックス13.jpg

冬本番、寒さに背中が丸くなっていませんか?やせ我慢して姿勢を正しましょう(笑)。

逆に柔らかく丸く曲がってほしいのはホースです。


ホース配管は柔軟性があり、配管レイアウトがかなり自由にできるというメリットがありますが、

狭い場所での急な角度への対応には無理が生じます。

 

金属管の場合は、あらかじめ曲げ角度を設定しておけば、かなり小さな曲げ径でも管の断面は

どこも円形を保ったまま「加工」して配管することができます。


しかし、ホースはそうはいかず、まっすぐな時には円形の断面でも、

曲げると歪みを起こしつぶれて楕円形のようになります。

そのうち限界を過ぎると折れてしまい、断面はつぶれて流体の通り道はなくなってしまいます。

そうなると流量が減ってしまう・・・とか 流体がストップしてしまうなど トラブルになる可能性もあります。


ホースが折れずに流体もスムーズに流れる限界の曲げ半径を「最小曲げ半径」と呼んでいます。

弊社での最小曲げ半径は、常温下でホースを下の図のように曲げて、

ホースの外径が円形時の90%になったときのホースで描く輪の半径Rの数値を指します。

 ※ 90%は弊社規定

 

 1101_magehankei.jpg

配管の際には、この数値を考慮し効率の良い配管になるようご注意ください。

最小曲げ半径は使用環境、特に温度によって数値は大きく変化します。

高温になると折れやすくなりますから、折れによる抜け、破裂などの二次災害を防止する意味でもできるだけ大きく設定することをお勧めします。

 

また、曲げ半径を大きく余裕をもって配管できない場合には、折れやつぶれに強いホースをご選定ください。

弊社では用途・流体・使用条件に応じた各種ホースや継手を多数品揃えしています。

 

使用条件によって選定する場合はこちら

 

バックナンバー.jpg
会員登録.jpg
資料請求.jpg