プロが教える.jpg

Vol.024 使っていないのにホースがボロボロになった!?

Vol.24_イラスト.jpg

 

お客様からのお問い合わせで

「 倉庫に保管してあった樹脂製のエアーホースを使用しようとしたらホースがボロボロになって使えなかった 」

「 まだ、1〜2回しか使用していないのに、こんな事ってあるの?不良品では? 」

とのお問い合わせがごくまれにあります。

 

樹脂製のエアーホースには主に軟質塩化ビニール製( PVC )とポリウレタン製( PU )があります。

ポリウレタン製のホースは軟質塩ビ製に比べて、軽量 ・ 耐摩耗 ・ 耐油性に優れる特長がありますが、

高温多湿な環境に長期間さらされた場合、「 加水分解 」という現象を起こし、ホース全体がもろくなる

場合があります。

例えば、ご家庭で長期間使用しなかったウレタン製の靴底がボロボロとれてくるのと同じ現象です。

 

今回の場合、湿度の高い倉庫に長期間保管されていたことが原因だと思われます。

尚、トヨックスのポリウレタン製のエアホース( ヒットラン、ヒットホース等 )は「 加水分解 」しにくい

ウレタン素材を使用しておりますが、

ポリウレタン製ホースの保管は温度・湿度の低い風通しの良い場所での保管をお勧めいたします。

ホース選定でお悩みの際はお気軽にフリーダイヤルにお問い合わせください。

 

__sozai__/0003956.jpg  フリーダイヤル 0120-52-3132

  この他にも、ホースと継手に関するお問い合わせやご質問は

  弊社「 お客様相談室 」へお気軽にどうぞ!

 

バックナンバー.jpg
会員登録.jpg
資料請求.jpg